白い砂のアクアトープ 9話 刺客のシンデレラ

今回は新しくオープンする水族館である「アクアリウム ティンガーラ」からの研修員がやってきます。南風原(はえばる)知夢さんです。なんか顔の造形が似てるキャラが多いんですね。声優は先日結婚された石川由依さん。
この南風原さん、知識は結構あるみたいで魚の種類やエサの種類も知っています。包丁使いも上手かったりします。

ライバル水族館の従業員を教育することに釈然としないくくる。それでも最初は冷静に業務を教えようとしますが、相手の方が上手だったりして徐々にイライラが募ってきます。

南風原さんの方も、閉館間近な水族館へ研修に行かされる意味がよくわからずにいました。しかしがまがま水族館には伝説の飼育員がいるとのことで承諾したという経緯があったようです。伝説の飼育員って誰やねん、うみやんか?と一瞬思いましたが、これは現館長のことだったのですね。企画力などが絶賛され、赤字の水族館を建て直したという逸話があるとか。

今のところこの館長はいい噂しかなくて、空也を初めとした登場人物からも慕われていますね。まあ私個人としてはもっとくくるに今の状況とか今後について話せよと思いますけどね。子ども扱いして難しい話は不要と考えているのでしょうか。
ちなみに南風原さんは「白い砂のアクアトープ」公式サイトのキャラクター欄に登場。私がこれを書いている時点でうみやんとかまだいませんけどね。櫂の妹とかも。だから南風原さんの方が今後重要なキャラクターになるんじゃないでしょうか。

いよいよ南風原さんの直談判により、館長の仕事を見学させてもらうことになりました。しかし館長が客と親しくしているのはわかりましたが、実務的なことはさっぱりわかりませんでした。客との心のふれあいがどうとかという話で終始したらたまったものではないですね。南風原さんもこれにはかなり不満で、別の水族館での研修に変えてもらいたいと言い出します。

最後にはとうとうくくると口論になって出て行く南風原さん。家業の手伝い感覚でやっているんだろうとくくるを切り捨てるあたりは割とすっきりしましたね。私も見ていてちょいちょい思いますからね。一方くくるは建設中の「ティンガーラ」を夜に1人で見に行きました。これに闘志を燃やしてもっと頑張るという展開になるのでしょうか。
ちなみにうちの妻はこの南風原さんにかなり嫌悪感を抱いたようでした。割とくくる派に同情的になっているんですかね。

あとくくるには実は姉か妹がいたのではという話が出ますが、これが本筋にどう絡んでくるのかはわかりませんね。風花に後輩からかかってきた電話というのも気になります。後輩の名前、読みはシロイルカなんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA