白い砂のアクアトープ 4話 長靴をはいた熱帯魚

今回は男性の新キャラクターが登場します。風花が水族館の倉庫に入ったらそこにいた男性が具殿轟介でした。公式サイトの第4話の紹介では「具」ではなく「貝」の表記になっていますね。いずれ修整されるのでしょうか。

暗いところでアイスなんか食べてやがるものだから、風花から不審者扱いされて逃げられます。第一印象がひどいですが、がまがま水族館の従業員で通称「うみやん」でいいのでしょうか。表記がよくわかりませんがベテランのおっちゃんって感じです。腰を痛めているので力仕事はあまり頼めませんね。
おっさんなので彼の過去を掘り下げるエピソードなんかはありそうですが、若者達中心の話に混じるのは難しそうです。ベテランらしく要所でいい感じにまとめてくれたりするのでしょうか。

もうちょっとこの轟介の話をすると、彼が職場復帰したとしてくくるから発表されて、一番喜んでいたのが空也でした。多分力仕事をだいぶ任されていたので、男手が櫂以外にも増えて嬉しいのでしょう。しかしこの人は片手を上げただけで腰をグキリと痛めるという、どういう動きをしたんだと不思議になる状態ですから力仕事はやはり現状のままでしょう。

さて水族館での今回のメインイベントはタッチプールです。これは水辺の生き物に触ることができるコーナーですね。結構こういうのができる水族館は多いと思います。私も近県の水族館で体験したことがあります。ドクターフィッシュとして人の角質を食べてくれるガラルファなんかもこのコーナー周辺に配置されることがありますね。
小さい魚とかカニとかヒトデとかを触れるんですね。私は一回こういうコーナーでエイを触ったことを記憶しています。

タッチプール自体は問題なく運営できそうでしたが、このうみやんがアイドル好きで、風花が元アイドルであることをすぐに見抜きます。どれだけ人気のアイドルだったんでしょうか。今はアイドルって全国のご当地アイドルや地下アイドルを含めるとに凄い数がいると思いますが、すぐに誰かわかるというのは結構有名だったんですかね。

水族館の客にも今回ついに顔バレして、写真を撮られかけます。しかしうみやんや夏凛がフォローしてくれて、風花はくくると共にいったん裏へ。
ここでなんか百合っぽい話し合いがあったのち、風花は水族館でどういうスタンスでやっていくのかを固めたみたいです。自分が元アイドルであることも仲間にようやく打ち明けたことで秘密もなくなりましたから、働きやすくなるでしょう。

今回のタイトルの長靴は風花が赤い長靴を標準装備にして皆を驚かせたことに由来しそうです。彼女はくくるにもお揃いで履こうと誘いますがこれは却下。実現していたらもっと百合っぽくなってしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA