サンドロビッチ・ヤバ子、だろめおん「ケンガンアシュラ」

ケンガンアシュラのあらすじ

企業同士が闘技者と言われる格闘技の達人を雇い、競合する相手と決着を付けるという格闘試合が存在します。主人公(というかヒロイン役)の山下一夫は冴えないサラリーマンでしたが、会社の命により闘技者の十鬼蛇王馬の世話を仰せつかり、彼と共に格闘試合の頂点を目指す拳願試合のトーナメントに参加していきます。

ケンガンアシュラを無料、あるいはお得に読む方法について

「ケンガンアシュラ」を無料で読む、あるいはお得に読むための方法について、マンガ配信サービスやサイトを確認してまとめました。

「ケンガンアシュラ」を読むのにはU-NEXTがおすすめです。
メリットは以下です。

・月額利用料が2,189円(税込)で毎月1,200ポイントが貰えて、実質的に約1,000円で利用することができる。
・漫画の購入時、料金の最大40%のポイントが貰える。
・初めて利用する方には、31日間の無料お試し期間がある。
・初回登録時に600ポイントが貰え、70種類以上の雑誌読み放題サービスや約14万本もある見放題動画を見ることが可能。

また、U-NEXTは動画配信にも力を入れており業界トップの作品数を取り扱っています。無料トライアル期間内に映画も観てみてはいかがでしょうか。

ケンガンアシュラを読める配信サービス・サイト

配信サービス 月額・無料期間等


月額2,189円
31日の無料期間
すぐにもらえる600円分のポイントで
32万冊以上のマンガが読める


無料会員登録で50%OFFクーポン6枚
都度購入のみなので月額料金なし
9000作品が無料で読める読み放題コーナー


1冊95円からの宅配レンタルサービス
レンタル料金の1%分のDMMポイント

ケンガンアシュラの感想

熱く緻密な格闘描写が魅力

アニメ化もされた人気格闘漫画ですね。十鬼蛇王馬が主人公として数々の強敵と戦っていきます。全27巻と外伝で成り立っており、登場人物が続投して続編にあたる「ケンガンオメガ」に移行しています。原作者の方が共通している「ダンベル何キロ持てる?」とも世界観を同じくしていますね。
4巻あたりで絶命トーナメントという物騒な名前の格闘試合大会へと本格的に参戦していき、5巻では出場者が行きに明らかになって非常に盛り上がります。私も出場者が次々と紹介されていく箇所は何回も読み返して、これから行われるトーナメントに胸を躍らせていました。

個人的に好きなキャラクターは天狼衆のボスである二階堂蓮です。東洋電力が送り込んだ刺客の1人であり、トーナメント参加が決まっていた企業の闘技者を直前に倒し、その出場権を奪うという方法でトーナメントに出場しました。当初は5人をこの方法で送り込もうとしていた東洋電力でしたが、うまくいったのが白夜新聞の武本久安を倒した二階堂と、海一証券の乾町三を倒した目黒正樹の2人のみでした。あとは阿久が今井コスモに敗れ、禍の文字の人が若槻にぶん殴られ、ゲーマーのマスクの人が御雷に倒されてしまい失敗してしまいましたね。

目黒は1回戦で岩見重工の闘技者であるムテバ・ギゼンガとの激しい戦いの末に死亡してしまいます。そして二階堂の相手は桐生刹那なのでした。桐生は「ケンガンアシュラ」序盤から出てきており、十鬼蛇王馬とは並々ならぬ因縁のある重要キャラクターですね。師匠を自分の手で殺したり、実力者である大日本銀行の護衛者達を血祭りに上げたりと無茶苦茶な強さの上に頭もおかしいという強キャラです。そのうち王馬とも戦うんじゃないかという予想をされていてかなりトーナメント上位までいきそうなキャラです。二階堂はそんなキャラと対戦しなければなりません。試合開始直後の見立てでは氷室や金だあたりも二階堂の実力を認めていたようですのでかなり強いはずですが、相手が悪いのではという気がしますよね。

試合が始まり、素早さで勝っていると考えた二階堂が速攻を仕掛け、桐生の顔に蹴りで傷を負わせたあたりはさすがでしたが、それで怒りを買って桐生の技の1つ「羅刹掌」を食らい、左肩が動かなくなってしまいます。マズい状況ですがここからでも取りうる手を考えたのが偉いところです。桐生がいつの間にか間近に迫ってくるという「瞬」という技を連発してきますが、二階堂は奥秘(奥義)である「奇龍」を使い、桐生が間合いに入った瞬間に発動させます。ここには痺れましたね。勝ったかと思いました。実に面白かったです。何度も読み返してます。このあとは辛い場面になってしまうのですが。羅刹掌を心臓に食らって死にかけるというヤバい展開。見ていた黒木も「外道」と表す桐生のえげつないやり方でした。

結局二階堂は1回戦で敗れてしまいましたが、彼の出番はこの後もちょいちょいあります。東洋電力クーデターの1つとして、トーナメント会場に爆弾を仕掛けるという裏工作を、彼が率いる天狼衆が担当します。この辺はクーデターが始まる前に完了して、いざ東洋電力の早見が爆破させようとするわけですが、直前にハサドに取り押さえられて起爆できませんでした。しかし実際には早見が天狼衆をも実行犯として罪をかぶせようとしていたことを知った二階堂達は仕掛けたはずの爆弾を自ら取り除いていたのでした。改めてここで書いてみると何だったのかという話ではありますが。

そして以降はトーナメントを天狼衆たちと別室で見ていたりというコマがあったりしますが、最終戦は会場で他の闘技者に混じって観戦している二階堂の姿がありました。ここにいたんですね。まあ同じように御雷もいたりしましたしこちらも意外。全試合が終了し、いざトーナメントが行われた島を離れる段階でも二階堂のいいシーンがあるんですよ。トーなめんtの参加者で死亡したのは目黒1人ですが、彼の墓が島のある場所に作られています。そこに彼の柔道着の帯と花が供えられています。そして立ち去るのがサングラスをかけた二階堂の姿。一応仲間だったので弔う気持ちがあったのでしょうね。義理堅い男なんです。私はここがとても気に入りましたね。いい奴です。

二階堂が結構気配りができる男だというのは、17巻に収録の外伝でもわかりますね。東洋電力に集められた6人(上に書いた5人とユリウス)が乗船するまでの話です。阿久が主人公ポジションで、彼が見て最も話が通じる人物だったのが二階堂でした。まあここではユリウスもそれなりに話せそうではありましたけれど。ただ服装のセンスがヤバい。船に乗る前に皆に酔い止めを配ったりする気配りもできる男として描かれていました。

そんな二階堂蓮ですが、「ケンガンオメガ」にも登場しています。「ケンガンアシュラ」の続編にあたり、登場人物も共通。まず今井コスモがさらに実力を上げて登場しており、トーナメント出場者は順当に強者として名をとどろかせているのかなと思わされます。次に叩く場面があるのがこの二階堂でした。片原滅堂の元に天狼隊として取り込まれて鞍替えしたみたいですが、実際は警備隊長と諜報活動を同時にやっているみたいですね。しかしその役回りが、滅堂に会いに来た臥王龍鬼にちょっと翻弄されるというヤバい内容。パワーアップできていないようです。

こういう要人の警備みたいなのは、「バキ」でいう加納秀明のようにその後強大な敵に(ドリアンとか)にボコボコにされる役が待っていそうでかなり不安になりました。出てきたときはスーツ姿でイケメンが際立っていたんですけどね。その後の登場としては煉獄の隼選手について調べて報告。あとは呉について調べた内容を拳願会メンバーに伝えに来たところで、かつての同僚であるはずのユリウスから「なんだ貴様は」と言われるという、読者をどういうことなのかわからなくさせるシーンを演出したりしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA