麻生羽呂「今際の国のアリス」

今際の国のアリスのあらすじ

主人公のアリスこと有栖良平は、目が覚めたら友人2人と共に人類が滅亡したような少し先の未来の世界にいました。異世界へ行ったかのような導入ですが、「今際の国」という一応現世と続いてはいるようです。
何者かによってゲームに参加しなければ死ぬという状況に追い込まれ、アリスは友人のカルベとチョータらと協力して、生き残りをかけたゲームに挑んでいきます。

今際の国のアリスの感想

大半のレギュラーが入れ替わる意外な展開

Netflixでのドラマ化も記憶に新しい人気作品ですね。
マンガの方は序盤から、失敗すれば即死ぬようなレベルのハードなゲームばかりが展開されるため、かなり緊張感があります。
クリアできたとしても怪我することは覚悟しなければならず、しかも1回クリアしたからといってその後はゲームをしなくていいとか、ゲームからの完全離脱などはできず、異世界的なところへいられる猶予期間が延びるだけというシビアな設定です。つまり死ぬまでのタイムリミットが延長されるだけですね。これでは参加者達の精神的な疲労も蓄積していくのも無理はありません。

主人公は友人2人と共にこの世界に入りましたので、まだ話し相手や相談できる仲間がいるという状況でした。友情物語になるのかなと思ったら、友人との絆にも亀裂が入っていきます。そしてあるゲームをきっかけに突然レギュラーキャラクターの大半が入れ替えになるという、とんでもないテコ入れが入ります。これを予想できた人はいたのでしょうか?

新しくレギュラーに入ったヒロイン役の女の子はかなり活発で好みなので、個人的にはこのレギュラー交代劇はありですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA