モンキー・パンチ、岡田鯛「警部銭形」

警部銭形のあらすじ

銭形警部が主役のルパン三世スピンオフです。殺人事件が起きてそれを銭形警部が解決するという展開が多く、ミステリーの探偵役を担っています。
本当の犯人がルパンからであると見せかけた予告状を置いていくので、銭形警部が積極的に捜査に参加しますが、結局ルパンの仕業ではないという形で真犯人とトリックを暴いていきます。

警部銭形を無料、あるいはお得に読む方法について

「警部銭形」を無料で読む、あるいはお得に読むための方法について、マンガ配信サービスやサイトを確認してまとめました。

「警部銭形」を読むのにはU-NEXTがおすすめです。
メリットは以下です。

・月額利用料が2,189円(税込)で毎月1,200ポイントが貰えて、実質的に約1,000円で利用することができる。
・漫画の購入時、料金の最大40%のポイントが貰える。
・初めて利用する方には、31日間の無料お試し期間がある。
・初回登録時に600ポイントが貰え、70種類以上の雑誌読み放題サービスや約14万本もある見放題動画を見ることが可能。

また、U-NEXTは動画配信にも力を入れており業界トップの作品数を取り扱っています。無料トライアル期間内に映画も観てみてはいかがでしょうか。

警部銭形を読める配信サービス・サイト

配信サービス 月額・無料期間等


月額2,189円
31日の無料期間
すぐにもらえる600円分のポイントで
32万冊以上のマンガが読める


無料会員登録で50%OFFクーポン6枚
都度購入のみなので月額料金なし
9000作品が無料で読める読み放題コーナー


1冊95円からの宅配レンタルサービス
レンタル料金の1%分のDMMポイント

警部銭形の感想

銭形警部が主人公である意味は

犯人側からの視点で事件が起きている倒叙型を採用しており、犯人当ての要素はあまりありませんが、銭形警部がどのように犯行を暴いていくは見物ですね。
短編のミステリ作品として読んでいくと結構楽しめはするのですが、銭形警部が主人公である必要は特に感じられませんでした。

金曜ロードショーの時間などでTVスペシャルとして今でもルパン三世シリーズは継続していますが、そこでの銭形警部はやや間抜けに描かれていることが多いです。実際の銭形警部はもっと有能な人物なのだとおうことを見せつけたのが、原作者であるモンキー・パンチ氏が監督となった映画「デッド・オア・アライブ」だったわけです。
モンキー・パンチ版漫画の方でも、銭形警部はほとんどルパン側の企みを看破していることが多いです。

今作の銭形警部は有能として描かれていますからそちらに近いですね。ですからアニメ版でギャグシーンを任されているのを多く見てきた読者からすると、その有能ぶりが意外に映るかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA