山川直輝、朝基まさし「マイホームヒーロー」

マイホームヒーローのあらすじ

主人公の鳥栖哲雄は47歳でそれほどうだつの上がらないような風貌の営業職。趣味で推理小説を投稿したりしています。
毎年一人娘からもらう誕生日プレゼントに幸せを感じていたりしており、妻との夫婦仲もそれほど悪くないようです。

しかし娘が突然家を出てしばらく帰ってこなくなり、心配したあげくにようやく会えるのですが顔に傷を負っていました。
鳥栖が娘の交友関係を調べていくところで明らかに半グレとの付き合いがあることがわかり、探りを入れていたところで相手方に気づかれてボコボコにされてしまいます。

娘を殴っていた元彼二時分も暴行されそうになり、ついには殺害してしまいます。そしてその現場を妻に見られますが、協力して死体の処理を行うというヤバい展開になっていきます。

マイホームヒーローを無料、あるいはお得に読む方法について

「マイホームヒーロー」を無料で読む、あるいはお得に読むための方法について、マンガ配信サービスやサイトを確認してまとめました。

「マイホームヒーロー」を読むのにはU-NEXTがおすすめです。
メリットは以下です。

・月額利用料が2,189円(税込)で毎月1,200ポイントが貰えて、実質的に約1,000円で利用することができる。
・漫画の購入時、料金の最大40%のポイントが貰える。
・初めて利用する方には、31日間の無料お試し期間がある。
・初回登録時に600ポイントが貰え、70種類以上の雑誌読み放題サービスや約14万本もある見放題動画を見ることが可能。

また、U-NEXTは動画配信にも力を入れており業界トップの作品数を取り扱っています。無料トライアル期間内に映画も観てみてはいかがでしょうか。

マイホームヒーローを読める配信サービス・サイト

配信サービス 月額・無料期間等


月額2,189円
31日の無料期間
すぐにもらえる600円分のポイントで
32万冊以上のマンガが読める


無料会員登録で50%OFFクーポン6枚
都度購入のみなので月額料金なし
9000作品が無料で読める読み放題コーナー


1冊95円からの宅配レンタルサービス
レンタル料金の1%分のDMMポイント

マイホームヒーローの感想

トリックの多用と心理戦が続く

原作の山川直輝さんは「100万の命の上に俺は立っている」の実績があり、作画の朝基まさしさんは「サイコメトラー」「シバトラ」などでお馴染みです。
朝基まさしさんは今回樹林さんとのタッグじゃないんですね。そのためにどうなっていくのか新鮮な楽しみが感じられそうです。

娘を影で守るような父親ではあるのですが、やっていることは完全犯罪を目指すような話なので驚きました。男が1人姿を消しているために、所属する組織関係が彼の行方を追ってきます。
鳥栖の家周辺が監視され、ついには家にまで忍び込んで盗聴器を仕掛けられたりします。相手側が半グレなのでやりたい放題にされるところもありますが、鳥栖側は最初の殺害以降は相手を刺激しないごまかし方を模索します。

無事にごまかせたかと思ったら次の懸念が生じるというスリリングな展開の連続です。個人的には「デスノート」のようなトリックの多用と心理戦が続くのでかなり興味が持てました。今後も追っていきたい作品です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA