TNSK「うちの師匠はしっぽがない」

うちの師匠はしっぽがないのあらすじ

育った里を離れて人間界へやってきた豆狸のまめだが主人公です。その特技である人間に化ける能力を使っていたずらを行おうとするのですが、ある女性に見破られて制止されます。

その女性は実は落語家をしており、彼女の高座を聞きに行ったまめだはその語り口と話の面白さに魅入られ、弟子入りすることを決めるのでした。

うちの師匠はしっぽがないを無料、あるいはお得に読む方法について

「うちの師匠はしっぽがない」を無料で読む、あるいはお得に読むための方法について、マンガ配信サービスやサイトを確認してまとめました。

「うちの師匠はしっぽがない」を読むのにはU-NEXTがおすすめです。
メリットは以下です。

・月額利用料が2,189円(税込)で毎月1,200ポイントが貰えて、実質的に約1,000円で利用することができる。
・漫画の購入時、料金の最大40%のポイントが貰える。
・初めて利用する方には、31日間の無料お試し期間がある。
・初回登録時に600ポイントが貰え、70種類以上の雑誌読み放題サービスや約14万本もある見放題動画を見ることが可能。

また、U-NEXTは動画配信にも力を入れており業界トップの作品数を取り扱っています。無料トライアル期間内に映画も観てみてはいかがでしょうか。

うちの師匠はしっぽがないを読める配信サービス・サイト

配信サービス 月額・無料期間等


月額2,189円
31日の無料期間
すぐにもらえる600円分のポイントで
32万冊以上のマンガが読める


無料会員登録で50%OFFクーポン6枚
都度購入のみなので月額料金なし
9000作品が無料で読める読み放題コーナー

うちの師匠はしっぽがないの感想

師匠の印象がよくなってくる

冒頭からの落語家の女性の態度が気に入らなくてどうしようかと思いました。つっけんどんだけど仕事はできる師匠キャラなのでしょうが、出てきたときの主人公まめだのぶった切り方がひどくて、割と印象は悪かったですね。なかなか復活しませんでした。

ちょっと話が進んだら意外と師匠は寛容にまめだの弟子入りを認めてくれますし、まめだが現場で働き始めてからは登場人物が増えてきて、もっと嫌な人物も出てくるので師匠は味方ポジションで定着していきそうですね。

ストーリーが進みながら落語の世界がどういうものかを解説してくれるので、知識が全くなくともなんとなく理解することはできます。

落語を題材にしたマンガは「じょしらく」あたりが有名なのかと思いますが、個人的には古谷三敏さんの「寄席芸人伝」が好きですね。あちらは落語の噺そのものが題材だったりもしますが、登場人物に焦点を当てた回が多かったです が、本作はどちらに焦点を置くのか注目したいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA