コージィ城倉「ロクダイ」

ロクダイのあらすじ

「おれはキャプテン」の続編であり、前作の登場人物が進路として選んだのがなんと東大でした。
東大の野球部は長い連敗が続いたりして強い印象がありませんが、そんな東大を強くする策として甲子園経験者を集めるというのが採用され、次々と実力者が集まって頂点を目指していくストーリーです。

ロクダイを無料、あるいはお得に読む方法について

「ロクダイ」を無料で読む、あるいはお得に読むための方法について、マンガ配信サービスやサイトを確認してまとめました。

「ロクダイ」を読むのにはU-NEXTがおすすめです。
メリットは以下です。

・月額利用料が2,189円(税込)で毎月1,200ポイントが貰えて、実質的に約1,000円で利用することができる。
・漫画の購入時、料金の最大40%のポイントが貰える。
・初めて利用する方には、31日間の無料お試し期間がある。
・初回登録時に600ポイントが貰え、70種類以上の雑誌読み放題サービスや約14万本もある見放題動画を見ることが可能。

また、U-NEXTは動画配信にも力を入れており業界トップの作品数を取り扱っています。無料トライアル期間内に映画も観てみてはいかがでしょうか。

ロクダイを読める配信サービス・サイト

配信サービス 月額・無料期間等


月額2,189円
31日の無料期間
すぐにもらえる600円分のポイントで
32万冊以上のマンガが読める


無料会員登録で50%OFFクーポン6枚
都度購入のみなので月額料金なし
9000作品が無料で読める読み放題コーナー


1冊95円からの宅配レンタルサービス
レンタル料金の1%分のDMMポイント

ロクダイの感想

どのように東大野球部が強くなるのか

そもそも私は「おれはキャプテン」を読んでいませんでしたが、それでも今作は全て新規の登場人物が出てくるものだとして読み進めることはできました。

作者は「グラゼニ」の原作としてもお馴染みの森高夕次さんであり、私はそちらは結構読んでいたのですが、主人公の霧隠主将の「おれ からだ小さいからね…」とかの台詞がまんま「グラゼニ」で見てきたようなキャラクターの言い回しなので、やはり同一人物が書いているのだなという気分になりました。

東大に甲子園経験者が入ったからといって、すぐに勝てるようになるわけではないのがシビアなところですが、し合い自体が長く書かれているわけではなく、描写されるのは試合結果が中心で、展開は早いです。
試合結果も大事ですが、どのようにチームが強くなるかや、どのようにメンバーが集まってきたかが見どころかと思います。

余談ですがメンバーの1人である大州圭ちゃんはハーフで大柄の女性ピッチャー。なんか個人的にかなり好みです。この人が出てるなら「おれはキャプテン」を読もうかと思っているぐらいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA