十口了至、市丸いろは「ミリオンジョー」

ミリオンジョーのあらすじ

主人公の呉井総市は漫画雑誌の編集者ですが、やる気に欠けています。「ミリオンジョー」という大ヒット作品を描いている漫画家を担当していますが、ある日その漫画家の家を訪れたところ、彼が亡くなっているところを発見してしまいます。

「ミリオンジョー」に思い入れはあった呉井はその後の展開を自ら考えることにしました。この漫画家のアシスタントは漫画家そっくりな絵を描くことができるため、呉井は彼と組んで勝手にミリオンジョーの続きを連載していく体制を整えます。作品人気を利用しての一攫千金を目論むのでした。

ミリオンジョーを無料、あるいはお得に読む方法について

「ミリオンジョー」を無料で読む、あるいはお得に読むための方法について、マンガ配信サービスやサイトを確認してまとめました。

「ミリオンジョー」を読むのにはU-NEXTがおすすめです。
メリットは以下です。

・月額利用料が2,189円(税込)で毎月1,200ポイントが貰えて、実質的に約1,000円で利用することができる。
・漫画の購入時、料金の最大40%のポイントが貰える。
・初めて利用する方には、31日間の無料お試し期間がある。
・初回登録時に600ポイントが貰え、70種類以上の雑誌読み放題サービスや約14万本もある見放題動画を見ることが可能。

また、U-NEXTは動画配信にも力を入れており業界トップの作品数を取り扱っています。無料トライアル期間内に映画も観てみてはいかがでしょうか。

ミリオンジョーを読める配信サービス・サイト

配信サービス 月額・無料期間等


月額2,189円
31日の無料期間
すぐにもらえる600円分のポイントで
32万冊以上のマンガが読める


無料会員登録で50%OFFクーポン6枚
都度購入のみなので月額料金なし
9000作品が無料で読める読み放題コーナー


1冊95円からの宅配レンタルサービス
レンタル料金の1%分のDMMポイント

ミリオンジョーの感想

大人気の漫画と言われても

申し訳ないですがこの漫画自体の漫画家さんの絵がそれほどうまくないもので、作中でいくら人気がある漫画だと言われてもそこまで入り込めないのが正直なところでした。

「バクマン。」と言う漫画家漫画がありますが、それの終盤の作中作「リバーシ」も登場人物からすごい人気だとかうますぎるとか言われても、いまいちすごいバトルに見えなくて気持ちが少し冷めたのに似ています。

ただこの漫画の本質は、作者になりすましたことがバレるかバレないかのスリルだと思いますので、そこの心理描写やごまかし方が面白ければいいのではないでしょうか。

ちなみに全3巻ですが、2019年にKis-My-Ft2の北山主演でドラマ化しています。なぜ選ばれたのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA