稲葉光史、山本崇一朗「からかい上手の(元)高木さん」

からかい上手の(元)高木さんのあらすじ

人気作品である「からかい上手の高木さん」の登場人物のその後を描いた作品です。子どもが生まれて元高木さんと娘と2人が西方をからかってくるほほえましい日常です。

からかい上手の(元)高木さんを無料、あるいはお得に読む方法について

「からかい上手の(元)高木さん」を無料で読む、あるいはお得に読むための方法について、マンガ配信サービスやサイトを確認してまとめました。

「からかい上手の(元)高木さん」を読むのにはU-NEXTがおすすめです。
メリットは以下です。

・月額利用料が2,189円(税込)で毎月1,200ポイントが貰えて、実質的に約1,000円で利用することができる。
・漫画の購入時、料金の最大40%のポイントが貰える。
・初めて利用する方には、31日間の無料お試し期間がある。
・初回登録時に600ポイントが貰え、70種類以上の雑誌読み放題サービスや約14万本もある見放題動画を見ることが可能。

また、U-NEXTは動画配信にも力を入れており業界トップの作品数を取り扱っています。無料トライアル期間内に映画も観てみてはいかがでしょうか。

からかい上手の(元)高木さんを読める配信サービス・サイト

配信サービス 月額・無料期間等


月額2,189円
31日の無料期間
すぐにもらえる600円分のポイントで
32万冊以上のマンガが読める


無料会員登録で50%OFFクーポン6枚
都度購入のみなので月額料金なし
9000作品が無料で読める読み放題コーナー


1冊95円からの宅配レンタルサービス
レンタル料金の1%分のDMMポイント

からかい上手の(元)高木さんの感想

子育て漫画としても面白い

主人公の西方と、ヒロインの高木さんの今後が気になっていた読者からすると、いきなり結論を見せられたような衝撃的な作品だったように思います。

私は「からかい上手の高木さん」の高木さんが無茶苦茶好みなので、疑似的に彼女と結婚したような漫画を読めるのは喜ばしいことでした。
人によってはこの2人が結婚して子供も生まれてというのは、今後の展開を予想する余地と楽しみを奪われたようで寂しさを感じることもあったようですね。

まあともかく内容です、序盤は西方が出てこなくて単なる育児漫画のように思えました。割とほのぼのするような、ひょうひょうとした元高木お母さんの子育ての手腕が見どころです。

途中から西方が話に入ってくると、母娘揃ってお父さんである西方をからかうという、期待されたような展開となります。
これはこれで面白いです。

ただ西方が妻である元高木さんの水着姿に照れたりしているのはちょっと不思議ですね(子どももいるのに…)。目をつぶって口を開けている元高木さんを正視するのすら恥ずかしがっているのはどういう関係なのかと思いました。。

なお作者の稲葉光史さんの読みは「イナバコウシ」でなくて「イナバミフミ」らしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA