久米田康治「かくしごと」

かくしごとのあらすじ

「かってに改蔵」や「さよなら絶望先生」などがヒットした久米田先生の作品。今度の舞台は月刊少年マガジンでした。
舞台が変わって主人公はそこそこ売れっ子の漫画家です。
娘に自分の職業を知られたくないために、いろいろ小細工を弄していきます。スーツで外出して、外で着替えてから仕事場へ行くという尋常じゃないことをしていますね。

かくしごとを無料、あるいはお得に読む方法について

「かくしごと」を無料で読む、あるいはお得に読むための方法について、マンガ配信サービスやサイトを確認してまとめました。

「かくしごと」を読むのにはU-NEXTがおすすめです。
メリットは以下です。

・月額利用料が2,189円(税込)で毎月1,200ポイントが貰えて、実質的に約1,000円で利用することができる。
・漫画の購入時、料金の最大40%のポイントが貰える。
・初めて利用する方には、31日間の無料お試し期間がある。
・初回登録時に600ポイントが貰え、70種類以上の雑誌読み放題サービスや約14万本もある見放題動画を見ることが可能。

また、U-NEXTは動画配信にも力を入れており業界トップの作品数を取り扱っています。無料トライアル期間内に映画も観てみてはいかがでしょうか。

かくしごとを読める配信サービス・サイト

配信サービス 月額・無料期間等


月額2,189円
31日の無料期間
すぐにもらえる600円分のポイントで
32万冊以上のマンガが読める


無料会員登録で50%OFFクーポン6枚
都度購入のみなので月額料金なし
9000作品が無料で読める読み放題コーナー


1冊95円からの宅配レンタルサービス
レンタル料金の1%分のDMMポイント

かくしごとの感想

風刺は前ほど多くはない

アニメ化もされましたが、シャフトじゃないんですね。そこが意外な感じでした。
ギャグは多めで、絶望先生のような社会風刺はあちらに比べると少なめです。

言葉遊びもたまにありますが、どちらかというとキャラクターの行動で笑わせることが多いです。漫画雑誌のパロディのように、目次のページによくある作者コメントが所々に入るのが好きですね。

女性キャラは多く、主人公の年代に近い大人の女性が多いです。これは前からですね。
個人的には久米田作品は女子高生よりも大人の女性の方が好みのことが多いのでこの路線は歓迎です。絶望先生に出てきた新井智恵先生とか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA