高杉良、こしのりょう「銀行渉外担当 竹中治夫 〜『金融腐蝕列島』より〜」

銀行渉外担当 竹中治夫のあらすじ

銀行員の竹中はあるとき渉外担当の任に就くことになります。
その実態は総会屋対策など、問題ごとに裏で対処するポストだったのです。会社の裏を知り問題解決に扮装することになる竹中の運命やいかに。

銀行渉外担当 竹中治夫を無料、あるいはお得に読む方法について

「銀行渉外担当 竹中治夫」を無料で読む、あるいはお得に読むための方法について、マンガ配信サービスやサイトを確認してまとめました。

「銀行渉外担当 竹中治夫」を読むのにはU-NEXTがおすすめです。
メリットは以下です。

・月額利用料が2,189円(税込)で毎月1,200ポイントが貰えて、実質的に約1,000円で利用することができる。
・漫画の購入時、料金の最大40%のポイントが貰える。
・初めて利用する方には、31日間の無料お試し期間がある。
・初回登録時に600ポイントが貰え、70種類以上の雑誌読み放題サービスや約14万本もある見放題動画を見ることが可能。

また、U-NEXTは動画配信にも力を入れており業界トップの作品数を取り扱っています。無料トライアル期間内に映画も観てみてはいかがでしょうか。

銀行渉外担当 竹中治夫を読める配信サービス・サイト

配信サービス 月額・無料期間等


月額2,189円
31日の無料期間
すぐにもらえる600円分のポイントで
32万冊以上のマンガが読める


無料会員登録で50%OFFクーポン6枚
都度購入のみなので月額料金なし
9000作品が無料で読める読み放題コーナー


1冊95円からの宅配レンタルサービス
レンタル料金の1%分のDMMポイント

銀行渉外担当 竹中治夫の感想

割と当たり前のことをリアルに描いている

元々は人気の金融小説が原作で、映画やドラマ化もされています。平成5年という時代か始まっており、当時のバブル後の世相が現れていて少し懐かしいものがありますね。私は当時子どもでしたけれど

銀行は表だけでなく裏でいろいろ駆け引きしたり企みがあったりするのだなあという、割と当たり前のことをリアルに描いています。お金が絡むとやはりいろいろなドラマがあるものですね。難しそうなテーマですが、マンガなので意外ととっつきやすいというか、頭には入りやすいです。

竹中に次々ともたらされる難題。あっさり解決できるようなこともほとんどなく、自分の決断は正しかったのかどうかすらもよくわからない玉虫色の結末を迎えることが多いのがなんとも歯がゆいものです。

随所に登場する竹中の妻は1巻時点では竹中の仕事に理解を示してくれているのですが、この先どうなるか不明でこちらも怖いですね。興味深いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA