押見修造「惡の華」

惡の華のあらすじ

クラスの好きな女の子の体操着を盗んでしまった主人公が、他の変わり者の女子にそれを見られており、脅迫されつついろいろなことに付き合わされる話です。

惡の華を無料、あるいはお得に読む方法について

「惡の華」を無料で読む、あるいはお得に読むための方法について、マンガ配信サービスやサイトを確認してまとめました。

「惡の華」を読むのにはU-NEXTがおすすめです。
メリットは以下です。

・月額利用料が2,189円(税込)で毎月1,200ポイントが貰えて、実質的に約1,000円で利用することができる。
・漫画の購入時、料金の最大40%のポイントが貰える。
・初めて利用する方には、31日間の無料お試し期間がある。
・初回登録時に600ポイントが貰え、70種類以上の雑誌読み放題サービスや約14万本もある見放題動画を見ることが可能。

また、U-NEXTは動画配信にも力を入れており業界トップの作品数を取り扱っています。無料トライアル期間内に映画も観てみてはいかがでしょうか。

惡の華を読める配信サービス・サイト

配信サービス 月額・無料期間等


月額2,189円
31日の無料期間
すぐにもらえる600円分のポイントで
32万冊以上のマンガが読める


無料会員登録で50%OFFクーポン6枚
都度購入のみなので月額料金なし
9000作品が無料で読める読み放題コーナー


1冊95円からの宅配レンタルサービス
レンタル料金の1%分のDMMポイント

惡の華の感想

昔の自分を思い出す

アニメ化され、後に映画化も決まったという人気作。

押見修造さんらしく内気で非リア充的な男が主人公で好感が持てます。自己投影が余裕。
漫画のタイトルは彼が好きなボードレールの詩集に由来するそうです。

変わり者の女子は仲村さんというのですが、この人がグイグイと迫ってきて「〇〇しよう」「☓☓行こう」と誘ってくるところが非常に好みです。とてもいいです。
私が中学生のころも、このように積極的な女子と仲良くなったことを思い出して微笑ましくなりました。こういう感じで向こうから来るのを待ってばかりだったから、受け身な自分が誕生したのだとも思いますね。

思春期らしく親に詮索されるのが嫌だったり、後ろめたいことがあると友達とも話したくなくなったりという心情が良く描かれており、非常に共感できると共に、たまに読んでいて過去の自分が追いかけてくるようで苦しいこともありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA