岩城宏士「スモーキング」

スモーキングのあらすじ

殺し屋集団が依頼を受けたり悪を成敗したりしていく話です。レギュラーは4人でそれぞれが得意分野を活かして仕事にあたります。

スモーキングを無料、あるいはお得に読む方法について

「スモーキング」を無料で読む、あるいはお得に読むための方法について、マンガ配信サービスやサイトを確認してまとめました。

「スモーキング」を読むのにはU-NEXTがおすすめです。
メリットは以下です。

・月額利用料が2,189円(税込)で毎月1,200ポイントが貰えて、実質的に約1,000円で利用することができる。
・漫画の購入時、料金の最大40%のポイントが貰える。
・初めて利用する方には、31日間の無料お試し期間がある。
・初回登録時に600ポイントが貰え、70種類以上の雑誌読み放題サービスや約14万本もある見放題動画を見ることが可能。

また、U-NEXTは動画配信にも力を入れており業界トップの作品数を取り扱っています。無料トライアル期間内に映画も観てみてはいかがでしょうか。

スモーキングを読める配信サービス・サイト

配信サービス 月額・無料期間等


月額2,189円
31日の無料期間
すぐにもらえる600円分のポイントで
32万冊以上のマンガが読める


無料会員登録で50%OFFクーポン6枚
都度購入のみなので月額料金なし
9000作品が無料で読める読み放題コーナー


1冊95円からの宅配レンタルサービス
レンタル料金の1%分のDMMポイント

スモーキングの感想

少数精鋭で敵をボコボコにする

前作にあたる「D.B.S ダーティー・ビジネス・シークレット」では敵側を全滅させてもこちらは被害なしという状況が多くてあまり好みではなかったのですが、今作では少数精鋭で戦っているのでまだ納得できます。個々が強いんで無傷に近くても納得できるということですね。

ただ、元格闘技チャンピオンが敵の中に乗り込んでいって、敵のほとんどをボッコボコにしていくという展開はさすがにどうかと思います。銃とか持っていないのでしょうか敵は。

行動の起点が勧善懲悪だったり私怨だったりして何がやりたいのかよくわからないのですが、話の幅は「D.B.S ダーティー・ビジネス・シークレット」よりもありそうです。まだこっちの方のキャラの方が好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA