十本スイ、尾崎祐介、すまき俊悟「金色の文字使い 勇者四人に巻き込まれたユニークチート 」

金色の文字使い 勇者四人に巻き込まれたユニークチートのあらすじ

いわゆる異世界転生の話で、学生だった主人公が他の4人とともになぜかくっついてきてしまって、異世界を旅する羽目になります。

金色の文字使い 勇者四人に巻き込まれたユニークチートを無料、あるいはお得に読む方法について

「金色の文字使い 勇者四人に巻き込まれたユニークチート」を無料で読む、あるいはお得に読むための方法について、マンガ配信サービスやサイトを確認してまとめました。

「金色の文字使い 勇者四人に巻き込まれたユニークチート」を読むのにはU-NEXTがおすすめです。
メリットは以下です。

・月額利用料が2,189円(税込)で毎月1,200ポイントが貰えて、実質的に約1,000円で利用することができる。
・漫画の購入時、料金の最大40%のポイントが貰える。
・初めて利用する方には、31日間の無料お試し期間がある。
・初回登録時に600ポイントが貰え、70種類以上の雑誌読み放題サービスや約14万本もある見放題動画を見ることが可能。

また、U-NEXTは動画配信にも力を入れており業界トップの作品数を取り扱っています。無料トライアル期間内に映画も観てみてはいかがでしょうか。

金色の文字使い 勇者四人に巻き込まれたユニークチートを読める配信サービス・サイト

 

配信サービス 月額・無料期間等


月額2,189円
31日の無料期間
すぐにもらえる600円分のポイントで
32万冊以上のマンガが読める


無料会員登録で50%OFFクーポン6枚
都度購入のみなので月額料金なし
9000作品が無料で読める読み放題コーナー

金色の文字使い 勇者四人に巻き込まれたユニークチートの感想

孤独を選ぶやさぐれ感がいい

読みは「コンジキのワードマスター」とのことです。
一緒に異世界に来た4人とは仲がいいわけでもないので、いきなり別行動をし始める主人公。この辺りのやさぐれ感がなんとなくいいですね。自ら孤立を選ぶのが厨二病っぽくもありますし。
捨て鉢というか、自分はもうどうなってもいいと考えているような吹っ切れた心境は共感を呼びそうです。

今作では文字を書くことで魔法が発動するという方法を用いて主人公が活躍しています。説明はわかったようなわからんような内容です。読んでいけば慣れそう。

このまま1人で冒険を終えたら面白いタイプの話になったと思うのですが、1巻の終盤で仲間になりそうな人たちと出会ってしまいました。やっぱり仲間が増えていくのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA