岡田伸一、オオイシヒロト「奴隷区 僕と23人の奴隷」

奴隷区 僕と23人の奴隷のあらすじ

街中で自由に行動している人物同士が、器具を鍵に出会って戦いが始まるという展開です。条件を満たせば相手を奴隷として使役できるようになります。

奴隷区 僕と23人の奴隷を無料、あるいはお得に読む方法について

「奴隷区 僕と23人の奴隷」を無料で読む、あるいはお得に読むための方法について、マンガ配信サービスやサイトを確認してまとめました。

「奴隷区 僕と23人の奴隷」を読むのにはU-NEXTがおすすめです。
メリットは以下です。

・月額利用料が2,189円(税込)で毎月1,200ポイントが貰えて、実質的に約1,000円で利用することができる。
・漫画の購入時、料金の最大40%のポイントが貰える。
・初めて利用する方には、31日間の無料お試し期間がある。
・初回登録時に600ポイントが貰え、70種類以上の雑誌読み放題サービスや約14万本もある見放題動画を見ることが可能。

また、U-NEXTは動画配信にも力を入れており業界トップの作品数を取り扱っています。無料トライアル期間内に映画も観てみてはいかがでしょうか。

奴隷区 僕と23人の奴隷を読める配信サービス・サイト

配信サービス 月額・無料期間等


月額2,189円
31日の無料期間
すぐにもらえる600円分のポイントで
32万冊以上のマンガが読める


無料会員登録で50%OFFクーポン6枚
都度購入のみなので月額料金なし
9000作品が無料で読める読み放題コーナー


1冊95円からの宅配レンタルサービス
レンタル料金の1%分のDMMポイント

奴隷区 僕と23人の奴隷の感想

アブノーマルな雰囲気のゲームもの

元はケータイ小説だそうで、そちらが漫画や映画やアニメなどメディアミックスへとつながったヒット作です。
アダルトな内容なのかとドキッとするようなタイトルに加え、表紙絵もアブノーマルな雰囲気があっていいと思います。買いづらいかもしれませんが。

1巻は主役級の登場人物の紹介と、人を奴隷にするというルールの説明に多めにページが割かれており丁寧。
人を意のままの奴隷にするという動機づけにはやはりアダルトな欲望が絡むのですが、表現はそれほどキツくはないので話の展開に没頭できました。

ちょっと前に隆盛を極めた、閉鎖された空間でのデスゲームものかと思っていました。
しかし実際は舞台は外ですね。割と広がりを感じます。今後も気になる内容です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA