水城せとな「世界で一番、俺が〇〇」

世界で一番、俺が〇〇のあらすじ

ある組織から持ちかけられたゲームとして、不幸比べを行う3人の男性が繰り広げる物語です。最終的に最も不幸だったものの望みが叶いますが、只でさえ付いていない友人を優勝させようとさらに貶めようとしたり、これまでの自分を変えるために頑張ったりとドラマ性が豊かな内容です。

世界で一番、俺が〇〇を無料、あるいはお得に読む方法について

「世界で一番、俺が〇〇」を無料で読む、あるいはお得に読むための方法について、マンガ配信サービスやサイトを確認してまとめました。

「世界で一番、俺が〇〇」を読むのにはU-NEXTがおすすめです。
メリットは以下です。

・月額利用料が2,189円(税込)で毎月1,200ポイントが貰えて、実質的に約1,000円で利用することができる。
・漫画の購入時、料金の最大40%のポイントが貰える。
・初めて利用する方には、31日間の無料お試し期間がある。
・初回登録時に600ポイントが貰え、70種類以上の雑誌読み放題サービスや約14万本もある見放題動画を見ることが可能。

また、U-NEXTは動画配信にも力を入れており業界トップの作品数を取り扱っています。無料トライアル期間内に映画も観てみてはいかがでしょうか。

世界で一番、俺が〇〇を読める配信サービス・サイト

配信サービス 月額・無料期間等


月額2,189円
31日の無料期間
すぐにもらえる600円分のポイントで
32万冊以上のマンガが読める


無料会員登録で50%OFFクーポン6枚
都度購入のみなので月額料金なし
9000作品が無料で読める読み放題コーナー


1冊95円からの宅配レンタルサービス
レンタル料金の1%分のDMMポイント

世界で一番、俺が〇〇の感想

登場人物の発するセリフにドキッとさせられる

私は男性ですが実は水城せとなさんの作品は「失恋ショコラティエ」「脳内ポイズンベリー」を全巻読んでいます。
女性誌で恋愛メインの話を描いている方と思っていたので、今回イブニングという青年誌で連載を始めたのは非常に意外でした。

しかもあらすじを読んだらデスゲームものか何かかと思いましたし。

水城さんの作品では登場人物が結構深く物事を考えており、時折登場人物の発するセリフにドキッとさせられることがあるのですが、今作でも小山小太郎という男性の仕事話や日々の思いにやけに共感できました。途中からはその境遇が危うくなってくるのですが。
アッシュというあだ名のモテ男は、やはり女性誌作家らしく、今風のイケてる軽めの男感やエピソードがそこかしこに見られて楽しく読めました。

話自体も先が気になるので是非続きも読んでいきたいですね。恋愛話が入ってきそうですがそれも歓迎。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA