江戸川エドガワ、葛西竜哉「生贄投票」

生贄投票のあらすじ

スマホアプリを介して、クラスメイトの中の1人を生贄に選んで投票するという形で話が進みます。

生贄投票を無料、あるいはお得に読む方法について

「生贄投票」を無料で読む、あるいはお得に読むための方法について、マンガ配信サービスやサイトを確認してまとめました。

「生贄投票」を読むのにはU-NEXTがおすすめです。
メリットは以下です。

・月額利用料が2,189円(税込)で毎月1,200ポイントが貰えて、実質的に約1,000円で利用することができる。
・漫画の購入時、料金の最大40%のポイントが貰える。
・初めて利用する方には、31日間の無料お試し期間がある。
・初回登録時に600ポイントが貰え、70種類以上の雑誌読み放題サービスや約14万本もある見放題動画を見ることが可能。

また、U-NEXTは動画配信にも力を入れており業界トップの作品数を取り扱っています。無料トライアル期間内に映画も観てみてはいかがでしょうか。

生贄投票を読める配信サービス・サイト

配信サービス 月額・無料期間等


月額2,189円
31日の無料期間
すぐにもらえる600円分のポイントで
32万冊以上のマンガが読める


無料会員登録で50%OFFクーポン6枚
都度購入のみなので月額料金なし
9000作品が無料で読める読み放題コーナー


1冊95円からの宅配レンタルサービス
レンタル料金の1%分のDMMポイント

生贄投票の感想

各自で立てる作戦が面白い

一時期デスゲームものが流行りましたが、またこういう話かと思うぐらいこうした作品が多いですね。私個人としては好きですが。

漫画を描いているのは江戸川エドガワさん。読むのは「デスペナ」が打ち切りを食らって以来です。
あちらは結構面白く読んでいたのですが、ゲームの途中の気になる所で打ち切られて残念でした。まあ私があちらの原作担当の押川雲太朗さんびいきというのもありますが。今作の原案である葛西竜哉さんは今回初めて知りました。。

生け贄に選ばれた生徒はどいつもこいつも、誰々と寝たとかハメ撮りをアップされたりとか、そういう感じの恥ずかしい映像を全員向けに公開されて精神的ダメージを受けてクラスを去っていきます。ここにワンパターンさを感じなくもないものの、話が進むごとに生徒各人が作戦を立てていくのはスリリングで面白いですね。

誰が投票するようアプリを仕掛けているのかは不明で、そこも謎解きとして気になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA